「生物多様性のための30by30アライアンス」に参画しています

「30by30(サーティ・バイ・サーティ)」とは、2030年までに生物多様性の損失を食い止め、 回復させる(ネイチャーポジティブ)というゴールに向け、 2030年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として効果的に保全しようとする目標です。2021年G7サミットで約束されました。

国際的な目標である「30by30」の国内達成に向け、2022年4月8日に発足したのが、「生物多様性のための30by30アライアンス」になります。
環境省が発起人となり、企業、自治体、NPOなどの有志連合として設置されました。
日本として現状の保護地域を拡充するとともに、 里地里山や企業林や社寺林などのように 地域、企業、団体によって生物多様性の保全が図られている土地を OECM(Other Effective area-based Conservation Measures)として 国際データベースに登録し、その保全を促進する取り組みです。

株式会社漁師鮮度は、この趣旨に賛同し「30by30アライアンス」に参画しています。

30by30について詳しくは【30by30公式サイト】をご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA